猫(ニャンズ)と音楽(徳田しずか)のはなし。

おはようございます。

雨の一日になりそうですね。

いろいろなものが洗い流されている感じ。

緑が美しいです。

 

猫4

 

 

5月17日、日曜日クラスにお越しの皆さま、ありがとうございました。

シニアの皆さんも、コンクールSクラスの皆さんも、がんばっています。

コンクールSクラスメンバーは通常クラスでの基礎練習の取り組みをさらに深めていって欲しいと思います。

今日は幼児科、初等科、一般科クラス開講です。どうぞお気をつけてお越しください。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・

 

 

昨日のこと。

シニアクラスの猫大好きの方が、「猫に会わせてください~」

と、レッスン後に自宅玄関に訪れてくださったそうで。

(わたしはちょうど買い出しに出掛けており不在だったのですが)

ニャンズたちのこと、「かわいい~!落ち着いてるぅ~!」

と褒めていただいたようで。うれし(笑)。

ありがとうございました。

 

 

褒められて僕たち可愛いでしょアピール調子にのりましての大集合。

コロナと無関係の猫密。

(1=タビ♂ 2=テト♂ 3=ポール♂ 4=ピーター♂ 5=マリー♀)

テトは基本一人を好む男ですが、みんなといると、やっぱり楽しそう。

 

猫1

 

 

 

目がショボショボしながらも、美里Tとの遊びに付き合おうとする律儀なピーター。

ピーターは群れの中のリーダー的存在。どっしり感がすごい。

 

 

猫2

 

 

 

美里Tは蛇使いならぬ猫使い。。

猫を扱うのが得意。だって大好きだもんね。

猫の気持ち、よく知ってる(笑)。

 

 

 

猫3

 

 

 

猫密生活もあと少しで終わりかな。

いつものメンバーイツメン「テトタビ」は寂しがるでしょうけど・・。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

さて、続けてプライベートな話題。

 

わたしと次女しずかは、昔はピアノにおいて「師弟関係」でもあったわけですが・・

彼女が大人になった今ではすっかり音楽仲間。

いつも音楽談義に花咲かせております。

 

わたしがこれまで学んできたのは、ほぼ古典。

今年に入ってからとりあえずは、難易度の低いものから練習しています。

しかしそれすらも全然だなと思うわけで、毎日新しいことを学びたいと思う気持ちは完全に初心者なのです。

(ほんとに簡単な曲なんて一曲もない。)

これはもしかしたら一生変わらないと思います。

そんな中で、演奏家であり作曲家でもしずかから聞く話は、ひとつの曲の見方が作曲家側のことが多く非常に興味深いのであります。

よく勉強しているなと思います。

音楽が本当に好きなんだと思います。

最近はよく古典の音楽も率先して練習してます。主にベートーベン、ショパン、モーツァルト、ラヴェルにドビュッシー。

一番好きなのはプロコフィエフ。

練習するのがあまり得意でなかったバッハも、作曲という観点で演奏するようになってから面白くなっているようです。

 

昨日、「この人凄いな」と思ったことがありました。

 

実家に帰ってきたしずかがわたしに言いました。

「ショパンの幻想即興曲を弾いてみたいのだけど楽譜あったっけ。

わたし一度も弾いたことないんだよね」。

(★「幻想即興曲」(即興曲第4番 嬰ハ短調 遺作 作品66)はショパンが1834年に作曲したピアノ曲で、ショパンが作曲した4曲の即興曲の中で最後に出版された作品。)

 

わたしが楽譜を出してあげると、すぐに

音とり、場所とり、運指決め、リズム練習を、はじめました。

そして、小一時間後、普通にインテンポで最初から最後まで弾き切ったのです。

 

驚きました。

 

先日「きんすぺ」というテレビ番組でも取り上げられたように彼女は「絶対音感」の持ち主ですし、どちらかというと記憶力も良い方だと思うのですが、それでも、このスピード感には舌を巻きましたね。

 

 

98004551_235965021022649_8927705968507092992_n

 

 

 

「幻想即興曲」(即興曲第4番 嬰ハ短調 遺作 作品66)

ダニール・トリフォノフ(Daniil Trifonov/1991年 – )ロシアのピアニスト

2010年:第16回ショパン国際ピアノコンクールで第3位

2011年:ルービンシュタイン国際コンクール第1位、第14回チャイコフスキー国際コンクール第1位

 

 

 

 

毎日毎日、作曲していることで、音楽をより立体的に見たり感じたりすることができるようになったのだと思います。

小さいころから彼女を傍で見続けていますが、日々、進化してるな~と思います。

一生、進化し続けることがあるって、とっても素敵なことですよね。

 

 

98004551_235965021022649_8927705968507092992_n

 

 

 

もはや、譜面も要らない、携帯(ネット)からの情報で、コード進行のみで演奏することの方が楽しかったり。

彼女にとって音楽は仕事であり、遊びでもある。そんな感じ。

 

 

97485485_239496970689289_2504798951064993792_n

 

 

 

わたしには、そんな能力ないのでね、地道に努力するしかないのですが、

それでも少----しずつ進化することが出来る気がします!

 

 

 

まずは、ピアノを弾くための素地を作る。技術を習得する。

バレエも同じだと思います。

バレエを踊るための身体作り。作品を一曲踊るための技術の習得。

その先の、より自然な演奏、踊り。

 

 

 

徳田しずかは演奏・作曲活動の他にピアノ教室も開講しています。

ピアノを初めたい方、是非。

 

徳田しずかのblog

e-mail : shizup3@icloud.com

tell : 080-4278-7522

 

 

 

みなさま今日も良き一日を。

 

 

猫4

 

 

 

 

↓↓気軽にfollow me!

CLASSICAL BALLET FRAIS 公式Instagram

「FRAIS20thANNIVERSARY」の舞台写真、更新中。

 

 

 

クラシックバレエフレイスは

随時ご入会を受け付けています。

お気軽にお問合せください。

 

 

体験レッスン(1回無料)を随時受け付けています。

 

S__50495498

 

 

 

5月のスケジュール

 

●099-265-0393(FRAIS事務局)

●090-3075-0186(徳田玲子)

(ショートメールも受け付けます)

●090-7929-0345(徳田美里)

●gmail: bonjour.frais@docomo.ne.ne.jp

●e-mail: tokuda@estate.ocn.ne.jp

 

 

勉強会blog用

 

 

 

 

 

 

 

Recent Entries

  • バレエ用品のお店

  • ブログロール

  • 検索エンジン

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">