(てと日記№10)おおきなむし いせえびとのおもいで。

このまえ ぼくは、すごいものに出会いました。

 

箱からギシギシすごいおとがきこえました。

 

むかしぼくが捨て猫だったころ

こうえんでみかけた むしのすごくでかいやつです。

 

れいこさんが

「いせえびの かいきんびだったんですね~」

とうれしそうに言いました。

 

ちょうど ねえねさん(みさとさん)のおたんじょうびで

あるひと(はじめてあう人でなまえをおぼえられませんでした)

が とおいところから ぷれぜんとにもってきてくれたのでした。

 

でかいむしの

いせえびに

ぼくはしょうげきをおぼえました。

 

 

21442897_625237714530973_624049724_n

 

どのくらいでかいか

というと

ぼくのからだくらいでかかったです。

それがたくさんいたので

すごいはくりょくでした。

21443272_625237764530968_1796420884_n

 

そのなかでも いちばんでかいむしの

いせえびが はこからぐいぐい出てきました。

そしてぼくにちかよってきました。

 

21552357_625237697864308_8742649_n

 

ぼくは しゅんじに にげました。

 

このときぼくは

あたまのなかではなにも

かんがえられませんでした。

 

21733179_628325297555548_1485786116_n

 

 

ぼくがうまれて1ねん。

いままでで

いちばん こわかったできごとでした。

 

じぶんでも よくじぶんのみを

まもれたなと かんしんします。

 

おもいだすと

いまでもどきどきします。

 

21442196_625237761197635_1571264549_n

 

 

このあと れいこさんが 

はりきって りょうりしていました。

 

いせえびの

さしみと グリルやきと おみそしるは さいこうだ

と うれしそうにしあわせそうにしているのを

ぼくは よこめで みていました。

 

 

ぼくの くちには ひとつも

はいりませんでした。

 

 

 

 

ぼくの いせえびの おもいでは

 

「こわかった」

 

それだけとなりました。

 

 

てとはんこ

 

Recent Entries

  • バレエ用品のお店

  • ブログロール

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">