上白石萌歌ちゃん主演「ゲルニカ」観劇!(北九州芸術劇場)★「ゲルニカ」を2021年1月WOWOWで放送!

おはようございます。

雨の朝ですね。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

 

 

わたしたちは昨夜遅く福岡から鹿児島に帰って参りました。

10月31日(土曜日)はハロウィン&満月でした。

「ゲルニカ」を観劇するに、最高の夜だったように思います。

 

 

 

 

ゲルニカ

 

 

 

今回の北九州での観劇に当たり、母を施設に預けたりクラススケジュールを調整したりと、いろいろと前準備が必要でした。

 

母の預け先の施設の送迎の関係で2日間の予定が4日間になってしまったこともありちょっとゴタゴタしたので、「配信でも観れる」ことが決まったときには、「それならば配信で観劇もありだったかな~」と思いましたが、生を観て、「やっぱり実際に観れて良かった」と、心底思える舞台でした。

 

 

 

しかし考えてみると、これまで上白石萌歌ちゃんの舞台はDVD等では何度も観させていただいておりましたが、「生の舞台」は初めて。

いつもは舞台を観るときに、なにも先入観を持たないようにするようにするのですが、今回はわたしの不得意分野の「歴史もの」「戦争もの」の舞台だったこともあり、ある程度予習してからの観劇でした。

 

 

 

今回、上白石萌歌ちゃんが元領主の娘「サラ」を演じたのは、ピカソの絵画(「ゲルニカ」)を下敷きとしたオリジナルの舞台。

脚本は長田育恵さん、演出は栗山民也さん。 

 

 

 

(ちょうど1年ほど前は、上白石萌音ちゃんが出演される「組曲虐殺」を福岡で観劇させていただいたのでした。あの作品も栗山民也さんの演出でしたね。)

 

 

 

(「ゲルニカ」のパンフレットより)

 

123139828_1026855391153266_4969960737507689018_n

 

 

・・・・・・・・・・・・

 

<ストーリー>
 舞台はスペインの北部、ゲルニカ。元領主の娘として生まれ、これまで何不自由なく生きてきたサラ(上白石萌歌)は、いとこのテオ(松島庄汰)との結婚を目前に控えていたが、内戦が本格化、テオは戦いに参加するため姿を消してしまう。サラも家を飛び出し、そこでイグナシオ(中山優馬)というどこか陰のある青年と出会う。海外特派員としての生きざまをぶつけ合うクリフ(勝地涼)とレイチェル(早霧せいな)、そして、元領主の妻として決断を迫られるマリア(キムラ緑子)。人々のさまざまな想いが交錯する中、戦いは激しさを増し、1937年4月26日、ついに空爆がゲルニカの街を襲う…。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

第2次世界大戦期にスペインのバスク地方・ゲルニカを襲った空爆。

 

幕が上がり浮かび上がる9人のシルエット。

「月曜日・・・」前進しながら打ち鳴らされる手。

 

 

冒頭から役者の熱量が凄まじく伝わってきて引き込まれました。

「元領主の娘」サラの戦争や時代に勇敢に立ち向かう激しさと、恵まれた生活を送ってきたお嬢様感を絶妙に演じている上白石萌歌ちゃんは、本当に素晴らしかったです。

 

 

上白石萌歌ちゃん主演「星の王子様」の時も思ったけれど、あんな長台詞を一度もかまずによく演じきれるなあ、とそれだけでも感動するというのに、発せられる声、表情、身体の動き、すべてからエネルギーを感じられもう感動しかないです。

(休憩の20分含め2時間50分もの大作ですよ。)

 

 

 

 

凄みというのかな。

真の舞台女優だなと。

 

 

 

 

そして、この脚本を書かれた長田さんはもちろん、演出家の栗山さん、スゴイ。

 

 

舞台の終盤、「市場ができる月曜日の午後4時半からきっかり3時間半、ゲルニカを1000の爆弾が襲う」シーンの衝撃を伝えるためにこれまでの時間やストーリーがあったのじゃないかと思えるほどの、度肝を抜かれる演出でした。

 

 

これまでたくさんの舞台を観てきたわたしですが、これは、忘れられない舞台。

五感に染み込んでいって心を離さないというのでしょうか。

舞台だとわかっているのに、おかしいほどのリアル感。

 

いろんな意味で怖かったし切なかったし悲しかった。

 

 

 

いや~戦争はよくない。

 

 

争いからは何も生まれないです。

 

 

そして、わたしたちは戦争の歴史を知った方がいい!

 

 

 

そんなふうに思います。

 

 

 

やっぱり平和がいいよね!

この平和とみんなの笑顔がずっと続きますように。

 

 

 

1

 

 

 

 

 

大感激の観劇終わり、激熱な心を載せて北九州芸術劇場から博多まで車で1時間。

その日は福岡在住の友達とわたしたち3人で朝の3時まで語り明かし、博多駅周辺のホテルに1泊。

そして、11月1日は福岡を満喫。

 

美味しいものもたくさんいただきまして、充電完了!

あ~本当に素敵な時間でした。

 

 

123135115_858626508225277_3158372709190295331_n

 

 

 

 

わたしたちをここに連れてきてくれた

上白石萌歌ちゃんに心からの感謝とブラボーを。

パルコ劇場から始まり全国39公演、

11月1日の北九州公演が千秋楽。

萌歌ちゃん、お疲れ様でした。

 

ありがとうありがとうありがとう~~~!!!!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

↓↓そして、うれしいニュース↓↓

 

 

 

 

あらがうことのできない⼤きな⼒に⽴ち向かっていく、まさに今のわれわれに重なる⼈々の姿を描いた、上⽩⽯萌歌、中⼭優⾺出演の話題作「ゲルニカ」を2021年1月WOWOWで放送!

「ゲルニカ」2021年1⽉放送予定

 

【番組情報】
ゲルニカ
2021年1⽉放送予定

収録日:2020年9月24日
収録場所:東京 PARCO劇場
スタッフ・キャスト/
 作:長田育恵
 演出:栗山民也
 出演:上白石萌歌、中山優馬、勝地涼、早霧せいな
    玉置玲央、松島庄汰、林田一高、後藤剛範、谷川昭一朗
    石村みか、谷田歩
    キムラ緑子

番組公式サイト:https://www.wowow.co.jp/stage/guernica/
 

 

皆さま、是非!!!

 

 

 

今日は幼児科クラスからスタートです。

雨が降っています。どうぞご安全にお越しください。

今日も平和で素晴らしい一日。

LOVE&PEACE!

笑福!!

 

 

 

クラシックバレエフレイスを応援、ご協賛いただき

誠にありがとうございます!

 

121990975_260133135425821_1816005273433748298_n

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・

クラシックバレエフレイスは

随時ご入会を受け付けています。

お気軽にお問合せください。

 

 

9月1日より「秋のご入会キャンペーン」実施中。

お気軽にお問合せください!

 

ブログ用

 

 

(お問合せ)

●099-265-0393(FRAIS事務局)

●090-3075-0186(徳田玲子)

(ショートメールも受け付けます)

●090-7929-0345(徳田美里)

●e-mail: tokuda@estate.ocn.ne.jp

 

 

【FRAISの次回のイベント/勉強会】

勉強会ポスター

 

【FRAISの次回の発表会】

 

予告 青

 

 

 11月 12月

体験レッスン(1回無料)を随時受け付けています。

 

S__50495498

 

(お問合せ)

●099-265-0393(FRAIS事務局)

●090-3075-0186(徳田玲子)

(ショートメールも受け付けます)

●090-7929-0345(徳田美里)

●e-mail: tokuda@estate.ocn.ne.jp

 

↓↓気軽にfollow me!FRAIS公式Instagram

CLASSICAL BALLET FRAIS 公式Instagram

 

Recent Entries

  • バレエ用品のお店

  • ブログロール

  • 検索エンジン

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">