自分を癒そう~(ネムノキ茶屋さんにて)

今日は2020年2月2日。

 

2が続くと自然に「にゃんにゃんにゃん・・」と猫を想像してしまうのはわたしだけでしょうか笑。

 

 

 

可愛いタビが我が家に来たのは2019年10月26日。

まだ生後3か月くらい?の赤ちゃんでした。

 

友達のアメリカ人のディーンが職場の駐車場で拾ってきたという保護猫ちゃん。

里親候補がたくさんあったみたいなのですが、どういう流れか(美里Tの一目惚れ)、有難いことに我が家の子に。

 

赤ちゃんは人間も猫もよく寝るもので、

この子も一日のほとんど寝てばかりでした。

最初から膝の上が大好きで、よじ登ってきては、パタリとネムネム。

 

 

 

↓膝の上で眠るタビ。

初めて来る場所、初めて会う人たちなのに、この無防備さ。

 

たび6

 

 

わたしがヘルニアでほとんど寝たきりの時間を過ごしている時、

枕元に遊びにきては、わたしの癒しになってくれました。

 

 

しは心がったか~くなります。

いてくれるだけで、ありがとう!!ってなります。

 

人間も猫も、みんな、温かみ=愛が必要だな~と思います!

そう、命の灯が消えるその瞬間までね!

 

 

 

たび5

 

 

さてさて、先日は

癒=温=愛=幸 がピッタリ!!なこちらに参りました。

 

霧島にある妙見温泉ネムノキ茶屋さん。

すごい人気で、行きたくても3回ほど振られ(笑)、

やっと行くことができました~!!

 

↓詳細・ご予約はこちら↓

妙見温泉ねむ

 

ねむ3nemu2

 

 

 

 

美味しいランチに温泉までついているという、贅沢コース。

2200円(税込み)。

 

 

 

ねむ4

 

 

 

スッキリとした素晴らしいしつらえの館内でいただくヘルシーで見た目も美味しいお料理と、泉質が素晴らしい温泉。

(わたしのお気に入りは、釜風呂と風呂を交互に入ること。血流の促進!美肌効果??笑 最初は勇気いりますけど、慣れると癖になります。)

 

 

 

 

我が家からドライブ往復1時間半、お食事と温泉に2時間。

3時間半もあれば、最高の癒しが手に入るという幸せ。

 

 

 

白ご飯と雑穀米どちらがよろしいですか?に、迷っているわたしたちに

「白ご飯&雑穀米」のハーフ&ハーフを提供してくださるという、優しく親切な対応にも癒され。

 

 

 

身も心もあたたまり、本当に元気になりました。

 

 

ねむ1

 

 

 

 

温泉に浸かった後、周辺を散歩するのも最高です。

自然に囲まれていて、とっても素敵なのです。

深く深く深呼吸したくなります。

 

 

ねむ5

 

 

鹿児島は最高だな~と、思います!

いろいろ良いところ、素晴らしいところがあります。

鹿児島の良いところをどんどん発掘していけたら良いなと思います!

 

 

みんな、たまには自分へのご褒美や癒しが必要。

「ネムノキ茶屋」おススメです!

 

 

 

 

↓詳細・ご予約はこちら↓

妙見温泉ねむ

 

 

 

 

↓↓気軽にfollow me!

CLASSICAL BALLET FRAIS 公式Instagram

「FRAIS20thANNIVERSARY」の舞台写真、更新中。

 

(この子たちのこの笑顔にも癒されます~!!ありがとう♥)

中等科舞台裏

 

 

CLASSICAL BALLET FRAIS

 

幼児科:幼児(月謝8,800円)

初等科:小1~小3(月謝9,900円)

中等科:小4~小6(月謝11,000円)

一般科:中学~大学生(月謝11,000円)

シニア:大人(月謝11,000円)

 

 

勉強会blog用

 

クラシックバレエフレイスは

随時ご入会を受け付けています。

お気軽にお問合せください。

 

 

●099-265-0393(FRAIS事務局)

●090-3075-0186(徳田玲子)

(ショートメールも受け付けます)

●090-7929-0345(徳田美里)

●e-mail: tokuda@estate.ocn.ne.jp

 

Recent Entries

  • バレエ用品のお店

  • ブログロール

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">