(プライベート話)痛みは生きてる証???BY橋本直樹さん(生まれて初めての腱鞘炎)

パソコンに一日中向かっている日が多い今日この頃でありますが

なんと生まれて初めて、酷い腱鞘炎になっていまいました。

 

 

ピアノを頑張って練習していた時期でさえこんなに痛くなったことはありません。

 

 

お米を研いでも痛い・・

鍋を振っている時はなお痛い・・

なるべくタイピングしたくない・・

大切な時期なのに、ザンネン。

 

 

 

「ノートパソコンだからきついんだよ、わたしだったらノートだと1時間が限界。」

と、それを生業にしている友人にも言われましたが、確かにそうなのかもしれません。

 

 

早くよくなるにはどうすればいいかな~

なるべく使わないことだよ、と、治療先の先生には言われました。

湿布を貼れば、少し楽になりますが、今度は湿布負けし、肌がブツブツに。

 

 

 

 

考えてみますと、

 

バレエダンサーは常に、どこかしら身体に痛みを伴っているものなのでしょう。

あの身体の駆使の仕方は通常の人間の想像を超えますよね。

 

今度ゲストダンサーとして踊ってくださる橋本直樹さんも怪我との闘いでこれまでいくつも壁を乗り越えて来られてきて、

素足など拝見すると、その様相に痛々しいものを感じざるを得ません。

しかし、普段は全くそのような様子を見せないところが、流石プロだな~と感心します。

 

 

 

そして、仰ることが

「痛みは生きてる証拠ですから」

 

 

 

全てを受け入れ、今できることを精一杯。

 

 

見習いたいと思います!!

 

 

 

 

生きざまがロックな橋本直樹さん。左は土方一生さん。

リハーサル終了後、お連れしたレストランにて。

 

65426267_380013962706550_6894567587015819264_n

65946635_442214366634211_7545843873591853056_n

 

 

 

 

 

CLASSICAL BALLET FRAIS

徳田玲子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Recent Entries

  • バレエ用品のお店

  • ブログロール

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">