(WS)タデウス・マタチ校長先生のワークショップについて。

今週末2DAYSに亘って行われるクラシックバレエワークショップに向けて、『クラシック&コンテンポラリー バレエスタジオ22』主催の有村先生と最終打ち合わせをしています。

たくさんのお教室から参加お申し込みをいただき、定員いっぱいで開催できること、とても幸せです。ドイツから来られるタデウス・マタチ校長先生(ジョンクランコバレエ学校)からの学び、たくさん受け取りたいです!
(通訳 玉川智美さん ・

バレエピアニスト 徳田しずか)
   
 
以下、参加の皆さんへ。
・保護者様のご見学は出来ません。参加の各お教室の先生はご見学いただけます。(両日)
・中学1年生の皆さんへ

(大事なお知らせ)

参加人数の関係上、中学1年生の皆さんは、Aクラス(小学3年生以上ク )にご参加いただくことになりました。お間違いのないよう、くれぐれもお気をつけください。

・ゼッケンの名前(名前のみ。例えばMISATO)はレオタードの前身頃に太字のローマ字で分かりやすく付けてください。
・飲み物はスタジオの片隅にまとめます。自分の飲み物とわかるようにしておきましょう。
・レッスンウェアは、レオタードとタイツのみです。ウォームアップウェアは着けないようにお願いします。
・更衣室は一階の土間をお使いください。レッスン開始時間の30分前から使用できます。荷物もそこに置いてください。

(ただし、紛失などの事故においては、責任を負い兼ねます。貴重品はなるべく持って来ないようにお願いします。)
・レッスン終了後、記念写真を撮ります。それが終わったら、速やかに退出してください。
・参加費は初日にお釣りがないようにお名前を書いた封筒に入れてお持ちください。有村先生が入り口で受付をしています。

(領収書を引き換えにお渡しいたします。)
・バレエシューズ、トゥシューズ(持ってる人は)の両方お持ちください。

 

Recent Entries

  • バレエ用品のお店

  • ブログロール

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">